コンセプト

女性らしさと清涼感をそなえた Dolce&Gabbana Dolceは、時代を超えた職人技と革新性の繊細なバランスを、香りの中に表現し、個性的な香りを演出します。ドレスに精巧な刺繍をほどこすかのような、複雑なプロセスから生み出される純朴さを感じてください。  「魂の高潔さ、日常の所作の優雅さ、世代を超えてつながる喜び、1本の白い花の無心な完璧さ。私が抱くこのシチリアのイメージを、繊細なフレグランスに閉じ込めました」とドメニコ・ドルチェは語ります。

デザイン

Dolce&Gabbana Dolceは、アンティークの香水瓶を思わせるエレガントなパッケージが特徴です。柔らかい曲線を描く、厚みを持った透明ガラスが、最先端のデザインを同時に表現しています。フラワー ストッパーはシチリアの慣習と、シチリアの伝統的なお菓子屋のマジパン彫刻が表現されています。優雅に結ばれた黒いグログランの細いリボンは、初期のドルチェ&ガッバーナのキャットウォーク ショーの特徴であった、白いシャツと蝶ネクタイを思い出させます。そしてもう1つ、ドルチェは個人的な想いをデザインに加えています。ドメニコ・ドルチェの父親の署名から取った、黒い手書き文字の”Dolce”です。

トップ ノート

このフレグランスは、明るい色彩を思わせる、ネロリの葉とパパイヤの花の甘い芳香で始まり、香りの中心が現れるとともにブーケのように広がっていきます。

ハート ノート

セイヨウスイレンと白い水仙というユニークな組み合わせが、フレグランスとして初めて採用された、南アフリカの濃厚なホワイト アマリリスの香りと完璧に融合しています。

ベース ノート

この花の香りを特徴とするハート ノートに、背景となる穏やかなムスクの香りが加わって、絶妙なバランスが生み出されています。さらにカシュメランによる複雑なアクセントによって、明るい森、アーシーなトーン、スパイスの刺激などを思わせる官能的な残り香が感じられます。

バリエーション